» 板倉の家

上田市I様

板倉の家

渡りあごで組まれた小屋組や柱と柱の間に厚さ30mmの杉板を落としこんでいく板倉構法など伝統的な木造軸組みの構法を採用しました。
また越屋根などをつけてこの地域の景観を意識した現代民家を造りました。

リビング:表しの柱や梁と唐松のフローリング、漆喰の壁。天然素材に囲まれた開放的で温かみのある空間ができました。

土間:ダイニングに土間スペースを設けて薪ストーブを置きました。

畳スペース:リビング階段の脇に3畳の畳スペースを作りました。
大黒柱:30センチ角の唐松の大黒柱。

2階ホール:吹き抜けの2階はがっちりと組まれた力強い小屋組みが見渡せます。

子供部屋:柱に落とし込んだ杉板がそのまま表しになっています。

その他の写真は以下よりご覧ください。

写真をクリックすると拡大します

一覧へ戻る

石井工務店看板

☎ 0268-27-8222

長野県知事(般27)第19488号
〒386-1107 長野県上田市築地535-7

例えばこんな家づくり