» 木の家

お客様の目は確かです

当社にいらっしゃるお客様の多くは、木材や木造住宅について熱心に勉強されている方がほとんど。
建設会社や住宅展示場を何箇所もまわっていらした方も珍しくありません。

「木造住宅専門を謳っている会社なのに、疑問や質問に答えてもらえず不安」
「木の家といいながら新建材がいっぱいで、木の良さが活かされていないのはもったいない」

そんな思いから、「木のことをわかっているプロに、木にこだわって、木造らしい木の家を建ててほしい」とおっしゃいます。
お客様のこうした思いに応えることが、私たちの仕事なのだと痛感します。

木の特性を最大限に活かしながら、自然災害に対する強さがあり、家族の成長や生活スタイルの変化に柔軟に対応でき、その土地特有の気候風土に馴染むスタイルで、長年にわたり快適に住み続けられる住宅をつくります。

写真:お客様ご家族

木造らしく心地よい家

写真:天井
日々、無垢の木材に触れている私たちは慣れてしまうのですが、「木の家は、入った瞬間から違う」とお客様はおっしゃいます。香りも、手ざわりも、見た目のやさしさも良い、と。
木を求める理由はそれぞれですが、「なんだか気持ちよくて安心できる」という心地良さは共通のようです。
自然素材であるということの安心感に加え、もしかすると私たちのなかには、遙か昔から木に親しみ、ともに暮らしてきた者としての何かが刻み込まれているのでしょうか。

せっかくの木造住宅なのに、木材が新建材などに覆われてしまい、外から見ても内側から見ても木が見えない住宅が多いのはとても残念です。
私たちが建てるのは、見える部分にも見えない部分にも木をふんだんに使い、見ても、さわっても、その良さを感じてもらえるような家です。

国産材へのこだわり

石井工務店は家づくりをお考えの方に国産材をお勧めします。
(急ぎのリフォームでどうしても木材が間に合わない場合や、設計を社外の設計事務所が担当し、あえて外国産の木材を使用する場合を除きます)

写真:丸太

徳島杉

住宅にふさわしい質と価格の木材を探して、長野県内はもちろん各地の産地を訪ねました。
そして、四国の徳島杉に出会いました。
最近では柱、梁、桁などの主要構造材は、ほとんど徳島杉を使用しています。

杉の木は柔らかく、頑丈な木ではありません。しかし、松のように丈夫な木と違い、暴れ(乾燥課程での反り・割れ)や狂いが少なく、壁との隙間などができにくいという特長があります。
強度を万全にするため、部材を少し大きく取ったり、必要に応じて柱の数を増やしたり、木の特性を理解したうえで工夫すれば、木目の美しさを活かした住まいが建てられます。

取引先から送られてくる徳島杉は、運賃を入れても価格が手頃で、できるだけきれいな木材を使いたいという当社の思いを理解し、細かな要望に応えてもらえるという利点があります。

こまやかに木を活かす

例えば6mの梁の片面がリビングから見え、裏面は壁に隠れる場合。梁が見える範囲を図面上にラインマーカーでチェックし、「6mのうち、この部分は室内から見えるので、節が少なく、木目もきれいなものを」とオーダーします。1本ごとの細かな指示はリビングなどの主要な部屋だけですが、決して面倒がらず、「単純に節が少ないものと言われても選びようがない。必要なものは指示を」と、こまやかに対応していただける熱心な材木店です。感謝!

基本は天然乾燥

当社で使用する構造材は天然乾燥又は低温での乾燥が基本です。
天然乾燥とは、屋外で1〜2年という年月をかけ、木材の水分が自然に蒸発するのを待つ、木の良さと強さが活きる昔ながらの方法。
時間と手間がかかり、木材を置く場所も必要とする天然乾燥は決して効率的とは言えないため、現在では、人工乾燥(乾燥機を使い1週間程度で乾燥させる高温乾燥)が主流です。

人工乾燥も研究データどおりの結果になればいいのですが、なかなかそうはいきません。
まとめて何本もの木を乾燥機に入れるのですが、木は1本ごとに性質が異なるため、すべてが最適な状態に仕上がるとは言えないのが難しいところ。
使用するすべての木を「その木にとってできるだけ良い状態で活かすためには、やはり天然乾燥にこだわりたいのです。

写真:丸太

天然乾燥にこだわる理由

構造材を天然乾燥にする理由は、当社の工法とも関係しています。

本の木を接ぐ場合、現在では金具やボルトで補強する方法が主流です。
しかし、当社では木と木の接合部分(継手・仕口)を大工の手仕事で仕上げ、パズルのように組み合わせる昔ながらの方法をとっています。
大工がノミで切り口を複雑に加工し、2本の木がしっかり噛み合うようにすることで、精度が高く、頑丈で、見た目にも美しい仕上がりになるのですが、その際、材木の内側の状態が影響します。中に割れがあると仕事がしづらく、強度的にも不安です。高温乾燥の場合木材の表面に割れが生じることを減らせますが、内側で割れていることが少なくないため、昔ながらの大工の手仕事には、昔ながらの天然乾燥木が最適だと思います。

もちろん、金具やボルトを使わないわけではありません。ただ、できるだけ木は木でつなぎ、足りない部分を金具で補おうと考えています。
木材を金具で接ぐことを、「豆腐を針金で縛るようなもの」と言った人がいますが、確かに日々木にふれていると、わかるような気がします。

暴れや狂いが少なく、安定的な供給が可能であり、天然乾燥で、使用箇所にふさわしい木目の美しさがある。それが、当社が徳島杉を用いる理由です。

多彩な木材を適材適所で

自然素材と新建材

すべての素材が、自然素材や無垢材でなければいけないとは思いません。
たとえば、新建材を使用することで強度が増す場合、汚れがつきにくい場合、プライバシーが保ちやすい場合などは、お客様のご希望をお聞きしながら必要に応じて使用します。
大切なのは、技術者として自然素材・新建材それぞれの長所と短所を理解し、きちんとお客様に説明し、理解し、納得していただくことだと考えます。

構造材は徳島杉がほとんどですが、それ以外は臨機応変に対応。「国産、良質、適正価格な材料を探し、全体の予算が納まるように心がけています。

建具写真:玄関施工例

建具の多くは、スギまたはヒノキを使用。
玄関ドアなどは、硬くて丈夫なナラ、タモなどの広葉樹を使用します。
同じデザインのドアでも、木の種類が違えばその雰囲気もまったく違うものになりますから、和室・洋室の違いや、お客様の好みに応じた木を使い分けます。

フローリング写真:フローリング施工例

スギ、カラマツ、ヒノキのほか、ナラ、サクラなど、フローリングに使用する木の種類は多様です。
基本的には国産材ですが、ご要望に応じて良質の外国材を使用することもあります。
特別にご要望がないかぎり、無垢材を使用します。

たとえば、キズになりやすくても柔らかく足ざわりが良いものを、ということならスギを。
大きな家具など重い物を置くので傷みにくいものを、ということなら硬いナラ・タモ・サクラなどをおすすめしています。

階段

当社で頻繁に使用するのはマツですが、やはりご希望に応じて多様な木材を使い分けます。

広い知識を持ち、貴重なもの、ユニークなものが入ると「こんなものがあるよ」と提供してくださる材木店の協力があるからこそ、多種多様な木を使うことができ、文字通り「適材適所が可能になり、木造らしさが際だつ住まいが完成します。

グラデーション階段

近頃、当社では1つの階段に様々な木材を使うデザインが人気です。実は、貴重な広葉樹がどうしても間に合わなかったことがあり、苦肉の策として、ナラ、タモ、サクラ、クルミ、ブナなど1段ごとに異なる木を使い、木材のグラデーションを楽しむ階段をご提案したのですが、これがお施主様に大好評。
完成見学会でも評判が良く、「階段はあの家のように」というご注文が何軒も続いています。

こだわりあれこれ

お客様の家族構成、ご希望、生活様式にあわせて家づくりは進みますが、当社の基本的な考え方や手法についてご理解いただけるとうれしいです。

和風or洋風?

「木の家」というと、和風住宅を想像される方が多いようですが、それは誤解です。
当社の場合、しいて言えば和風がやや多め(厳密な線引きがあるわけではないので、和風・洋風という言い方はあまりしませんが…)。ただ、床の間や書院がある純和風の住宅はごくわずかです。
逆に、全体が洋風でも、和室が1つもない家は少ないです。若いお客様でも、どこかに和の要素を入れたいとおっしゃる方がほとんどです。

写真:和室施工例

外観

周辺の景観に馴染み、まるで以前からあったような家を、と提案しています。切妻屋根のシンプルな外観がほとんどです。
実は、シンプルだからこそ難しく、切り妻屋根で見映えを良くすることは簡単ではありません。屋根が複雑な形状だと見映えはいいのですが、実用性を考えると、雨漏りがしにくい、屋根裏を活用できる、金額的にも安い、と利点が多い切妻屋根は優れもの。
やはり昔ながらの形には、きちんとした意味があるのだと感じます。

木組み写真:木組み

天井を開放的にし、構造材が見える設計を数多く提案してきました。それは、木材の質感や木組みの構造美をいつも目にしていただきたいという思いから。
同時に、通風を良くすることで、木の弱点でもある虫を寄せ付けにくく、傷みが少なく、またメンテナンスのしやすさというメリットもうまれます。目に見える場所にあることで安心感にもつながります。

断熱

柱と柱の間の空間に断熱材を充填する充填断熱(内断熱)を採用しています。ほとんどが羊毛断熱材です。

グラスウールなど従来の断熱材は水分を含むと性能が落ちてしまい、壁内結露の可能性が高いためにビニールで覆わなければなりません。
その点、羊の毛でつくられた断熱材は調湿機能をもち、木との相性も良く、発ガン性の心配もありません。施工性の高さという利点もあります。
いつかその役目を終えたときも、環境に負担をかけずに破棄することができます。

断熱性能を数値だけでみれば、従来の断熱材よりも羊毛断熱はやや低めですが、体感温度は劣らないことをお客様には説明し、納得していただいてから使用します。
もちろん、ほかの断熱材のご希望があれば対応しています。

暖房写真:暖炉

暖房器具も建築工事に含めるケースが増えています。
ガス、灯油、太陽光、オール電化など、さまざまなスタイルへの対応が可能ですが、それぞれのメリットとデメリットをご説明したうえで選択していただきます。

薪ストーブを希望されるお客様が多いのは、当社の特徴かもしれません。
当社事務所に設置した薪ストーブを見学されるお客様も多いのですが、独特のやわらかな暖かさと揺らぐ炎に魅入られるようです(特に男性は)。
ストーブの種類やメーカーのセレクトは、最終的にはお客様の好みに応じて決定します。
ただ、設置後に後悔されることがないよう、薪集め、保管場所、灰の片付け、煙突掃除など、薪ストーブの扱いは手間暇がかかることをしっかりご説明しています。
(社長は自宅に薪ストーブを設置するユーザーです。何でもお尋ねください)

水廻り

まずはキッチンメーカー各社のショールームをまわり、さまざまなシステムキッチンをご覧いただきます。
システムキッチンはとても優れものです。が、気に入ったものが見つからない、ぜひオリジナルで、というご希望があれば、設計から施工まで、オリジナルのオーダーにも応じます。

ユニットバスをご希望されるお客様に次いで、ハーフユニットバス(浴槽と洗い場だけがユニット化した製品)も多く、腰壁から上はヒノキを使ったり、タイルを貼ったりと、自由なプランが可能です。
たとえばヒノキやコウヤマキなどは水に強い木材であることが知られていますが、それでもカビとは無縁ではないことをご説明します。
どんな良い物にも必ず弱点はありますから、それも含めて知ったうえでお選びいただきたいと思っています。

高機能な洗面化粧台は数多く出回っていますが、価格やデザイン等の理由から、お客様の生活スタイルにあわせたオリジナルを造作するケースがほとんどです。
必要なだけの収納を備えたシンプルな木造の収納棚と洗面ボウルを組み合わせて、使い勝手の良い洗面台が完成します。

塗料

できるかぎり安全なものを使いたい、そして木の良さを活かしたいという思いから、植物オイルや蜜蝋などの自然塗料を使用するケースがほとんどです。
最近では、国産の自然塗料も豊富です。
やはり、塗料それぞれのメリット・デメリットをご説明し、見本をご覧いただいたうえでお選びいただきます。

建前という節目写真:建前の様子

大切な節目のひとつが、建前(上棟式)。基礎部分が完成し、棟木を上げる際に、竣工の無事を祈ります。

当社では、神棚をつくり、棟梁が塩と御神酒をまきます。
なかには、親戚兄弟が一堂に会し、お餅やお菓子をまかれるなど、盛大に催されるお宅もあります。

感激し、泣きだしてしまうお客様もいらっしゃいます。
緊張のあまり、前夜は眠れないという棟梁もいます。
当社の場合、堂々たる丸太を上げるので、建前も豪快で骨太な印象です。
(どこから見られても恥ずかしくない木材を大勢にご覧いただくこのときが、誇りを感じる瞬間でもあります)
改めてお客様がマイホームにかける思いを感じ、家づくりの絆を再認識する1日になります。

職人の手仕事

良い食材を手に入れても、うまく調理しなければおいしい料理にはなりません。同じように、どんなに素晴らしい木材でも、それにふさわしい手仕事がなければ木の良さを活かした住まいにはなりません。

写真:石井工務店の職人達

社内の職人のほか、大工、左官、建具、瓦、基礎、板金など、さまざまな専門分野の職人たちを外部スタッフとしてむかえ、協力を得ながら家づくりを進めています。

その中でも特に重要なのが大工の棟梁です。
多数の棟梁と協力し、家づくりを進めます。当社のパートナーには迎えるのは、手で木を刻むことのできる大工だけ。
プレカット(機械刻み)が主流のいま、特殊な要望に応じられる専門的な技術と知識をもつ棟梁は非常に稀です。

大工のほかにも、職人の力が欠かせません。
たとえば、壁や床を、コテを使って塗り、仕上げる左官。技術は当然ですが、センスが必要とされます。
当社では、建具はすべてオリジナル。既製品は使いませんから、建具職人の技量も重要です。

写真:石井工務店の職人達

どの分野にも、お客様のご要望にかなう技術や知識をもつ職人を配し、家づくりを進めていきます。ご安心ください。

大工とカンナ

写真:鉋(かんな)通常、丸太は機械に通して製材します。例えば8mの梁が必要な場合、4mの木を2本、金具やボルトでつなぐのが一般的。
当社では、より強固なものが必要な場合や、金具が見えるのは美しくないと判断した場合など、必要に応じて8mの丸太を使うことがあります。
しかし、機械に通るのは長さ4m程度までですから、それ以上のサイズの場合は大工が鉋(かんな)を使い、手で削ります。「手鉋で削る」と呼ばれる仕事です。「大工さんなら当たり前」と思われるかもしれませんが、今ではカンナやノミを自在に扱える大工職人は貴重な存在です。

石井工務店看板

☎ 0268-27-8222

長野県知事(般27)第19488号
〒386-1107 長野県上田市築地535-7

例えばこんな家づくり